06-6723-8800

メールによるお問い合せはこちら

TOP > Virtual 工場見学

Virtual 工場見学

工場見学

伸線

製鋼メーカーより入荷する「原材料」を圧造しやすいように仕上げる工程です。
紀州ファスナーでは、伸線加工を自社で行うことで、納期、品質、価格の安定供給を可能にします。

伸線加工機の全景です。
丸い形状の原材料を六角形状に加工しています。
こうすることで、圧造工程での加工をしやすくしています。

圧造

紀州ファスナーでは、高速タイプのナットフォーマーと、特殊形状、高ナットなどを加工するパーツフォーマーを配置しています。

こちらは、ナットフォーマーの動画です。高速タイプのこの機械は、1分間に、最大400個の製品を製造できる能力を持っています。
こちらは、パーツフォーマーの動画です。こちらは、ナットフォーマーと違い、長い製品を加工するために可動範囲が広いのが特徴です。

タッピング

圧造で出来あがったナットブランクに、ねじを加工していきます。
加工方法も製品によりさまざまで、紀州ファスナーでは、常時100台のタッピングマシーンがナットに命を刻み込みます。

タッピングテストラインの全景です。
タッピングマシンのホッパーにナットが自動供給される様子です。
フランジナットの加工をしています。画面上部よりナットブランクが供給され、ナットブランクを左右に動いている押棒が向かって左手にあるタップにナットを押し当てることでねじ加工をします。
背の高い製品にねじ加工するためのねじ加工機です。背の高い製品は、シャンクが曲がったベントタップを使うと製品が貫通しないため、このようなストレートタップを使用します。
丸ナットを加工するタッピングマシーンです。特徴は、押棒の左右に丸い製品をチャッキングする機工が備えられ、丸い製品を掴んだ状態でタップに押し当ててねじを加工します。

二次加工

ねじ加工が出来たナットに追加工も行います。
また、紀州ファスナーでは自社内での金型工具製作を行っています。

袋ナットの加工機です。ナットとキャップを電気溶接することで、袋ナットになります。
マシニングセンターです。ナットフォーマーの部品を作っている様子です。
NC旋盤で加工している様子です。ナットフォーマーのダイスを製作してます。
製作された金型工具は、専用の立体倉庫で管理され、次回製造までにメンテナンスがされます。

表面処理

表面処理工程の全景です。三価クロメートメッキを行っています。
三価クロメートメッキの製品排出シーンです。

梱包

小箱の自働梱包ラインです。ナットを自動計量、自動梱包し、パレットに積まれるまでの動画です。小箱と大箱のラベルも自動で貼り付けされます。

PAGETOP